シミ・そばかす対策成分の種類

◇厚生労働省が認可のシミ・そばかす対策成分例

◆ビタミンC誘導体
不安定なビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。肌にハリを与えたり、皮脂の分泌を抑制するので、アンチエイジングやニキビ対策にも活躍します。

◆アルブチン
コケモモや梨から抽出された成分。シミの大元であるチロシナーゼに直接働きかけ、メラニン生成を防ぐ。メラニン色素を除去する働きもある。

◆コウジ酸
米麹から発見された成分。メラニンの生成を抑える働きをする。

◆エラグ酸
いちご由来の抗酸化物質。シミを作り出すチロシナーゼに働きかけ、若々しさや透明感を引き出す作用がある。比較的肌への刺激が少ない。

◆ルシノール
ポーラが北欧のもみの木に含まれる成分をヒントに開発したシミケア成分。正式名称は「4-n-ブチルレゾルシノール」。メラニン色素を作るメラノサイトが増殖・活性化するのを防ぐ。

◆リノール酸
サフラワー油などの植物油から抽出されるシミケア成分。チロシナーゼを分解して、メラニンの生成を防ぐ。

◆カモミラET
花王が開発した独自の美容成分。ハーブのカモミールから抽出される。「メラニンを作れ」という指令にアプローチし、早い段階でメラニンの生成を抑制する。

◆トラネキサム酸
メラニンの生成を抑える働きに加え、抗炎症作用もあるので、シミ予防だけではなくニキビケアにも用いられる。

◆4MSK(4-メトキサリチル酸カリウム塩)
資生堂が開発したシミケア成分。メラニン生成を抑制しつつも、シミ部位で生じているターンオーバーの不調に作用して、溜まったメラニンを排出する。

◆マグノリグナン
カネボウが開発した独自の成分。チロシナーゼの活性化を防ぐのではなく、チロシナーゼの成熟を阻害する成分です。

◆プラセンタエキス
胎盤から抽出された成分。メラニン色素のもととなるチロシナーゼという酵素を阻害する。炎症を抑える作用もある。



使ってわかった!敏感肌におすすめの美白化粧品ランキング【2019年最新】

サエル 美白化粧品 敏感仇


全20商品の検証結果をもとに、おすすめの美白化粧品を紹介します。低刺激だけで満足せず、シミ・くすみ対策できるか比較したので参考にしてくださいね。


◆敏感肌美白ケアで重視すべきポイント
1. 美白効果が高い
2. 保湿効果が高い
3. 肌に優しい成分


アヤナス リスティング広告



 
総評
アヤナス
低刺激だがシミ、くすみ対策に使える。乾燥が気にならないところも◯
アヤナス
敏感肌用ではないが、保湿力もあり。ややべたつく△
アヤナス
無添加で肌負担が少ないが美白・保湿力が控えめ
価格
アヤナス
1,480円
10日分
アヤナス
1,000円
5日分
アヤナス
1,830円
30日分
美白ケア
アヤナス
検証No.1
アヤナス
検証No.2
アヤナス
検証No.3
保湿力
アヤナス
一日中乾燥しない
アヤナス
保湿できるがやや重たい
アヤナス
乾燥肌だと物足りない
ベタつき
アヤナス
もっちり
アヤナス
ややベタつく
アヤナス
若干肌に残る
成分
アヤナス
敏感肌◯
アヤナス
ハリ対策もできる
アヤナス
無添加
特典
アヤナス

アイクリーム付
30日間返品
アヤナス
特になし
アヤナス
マスク&美容液つき
購入場所
※価格は税込み
※アンケートの有効回答数からランキングの総合点を算出(アンケート結果はこちら)


▼今回比較した美白化粧品(※順不同)
・サエル
・ホワイトショットLX
・アクアレーベル ホワイトアップローション
・アスタリフトホワイト
・HAKU メラノリリーサー
・ちふれ 美白美容液
・エリクシールホワイト
・ケシミン
・無印良品 敏感肌用薬用美白化粧水
・ファンケル ホワイトニングローション
・肌ラボ 白潤
・ビーグレン QuSomeローション
・オルビスユー ローション
・アンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAO II
・雪肌精
・SK-2 フェイシャル トリートメント エッセンス
・クリニーク イーブンベター
・メラノCC
・キュレル美白化粧水Ⅲ
・dプログラム ホワイトニングクリアローション


TOP | 運営元 | ユーザーアンケート




運営元 | プライバシーポリシー | ユーザーアンケート